『石山(せきざん)本尊の研究』 柳澤宏道著 増補版

平成9年に初版が出版され、多くの反響を呼んだ書であるが、数年前に品切れとなり、当サイトで無料公開する事となったものであるが、現物はオークション等では高額な金額で売買されているのを考慮し、日蓮聖人小松原法難750年に因み、増補の運びとなった。増補した「付録」には30枚近い大石寺上代法主の本尊写真や、近年では「日応」「日布」師等の本尊写真も掲載して、研究者の便を図ったものである。。 B6版約250頁。定価2,500円(税込)

 

『日蓮聖人絵伝詞書』田中謙周編・柳澤宏道復刻

昭和8年、財団法人「日蓮宗布教助成会」から発行されたもので、田中謙周氏の編集であり、著作権保護期間満了ゆえに、平成25年の小松原法難750年を節に当方より復刻出版したもの。「絵」がすばらしく、見るだけでも価値のある書である。A4版31頁モノクロ。定価1,500円(税込)

 

『本朝沙門日蓮』田中智學著 平成復刻版

国柱会創設者である田中智學大居士が簡潔にして「 日蓮聖人・法華経・日本・天皇観」を示された書。田中智學門下はもちろん、平成の今日においては一般的にも価値ある書である。A5版44頁・総フリガナ付。法華教会開所20周年報恩出版。 

定価700円(税込)


『日蓮聖人の国神観』山川智應著 平成復刻版

太平洋戦争終結70年の追悼として復刻出版したもの。日蓮聖人が天照太神・八幡大菩薩の両宗廟について、いかなる観念を持たれていたかを明確にした書。A5版67頁・総フリガナ付。定価700円(税込)

 

◆下記書店にても販売中。

東京神田「東陽堂書店」http://touyoudou.jimbou.net/catalog/index.php

東大赤門前「山喜房仏書林」http://www003.upp.so-net.ne.jp/sankibo/

京都「四恩社」http://homepage1.nifty.com/shionsha/index.htm

 

当面はキャンペーン期間中として、送料と代引き手数料をサービスさせていただきます。定価のみ配達員にお支払い下さい。(以下の当サイトフォームから直接お申し込みの方に限ります)

メモ: * は入力必須項目です

祖廟中心・異体同心