●「国柱会」(田中智學大居士創立)公式ホームページ
http://www.kokuchukai.or.jp/

●「本化妙宗連盟本部」(山川智應博士創立)公式ホームページ
http://www.honge-myoushu.or.jp/index.html

●「日本国体学会」(田中智學大居士の三男「里見岸雄」博士創立)公式ホームページ
http://www.kokutaigakkai.com/

 


 

『日蓮聖人の教義』 田中智學大居士著

旧本門宗からは「日興上人の再来」とまで言われた田中智學大居士著にして日蓮聖人教学の基礎を学べる貴重な書。

 

鎌倉師子王文庫/明治43年3月発行
http://kindai.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/823854/1

『大國聖日蓮上人』 田中智學大居士著

田中智學大居士が昭和4年に出版されたまさに日蓮聖人の「遺文」をしてその御一代を語ったごとき名著で、80年以上経過した平成の今日においても実に価値ある名著である。

大國聖日蓮上人-01.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 61.1 MB
大國聖日蓮上人-02.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 62.1 MB
大國聖日蓮上人-03.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 62.5 MB
大國聖日蓮上人-04.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 63.9 MB
大國聖日蓮上人-05.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 64.3 MB

『法華経魂魄』 田中智學大居士著

日蓮聖人入滅650年を記念して報恩出版されたもので、法華経の自我偈が一切経の頂点たる意義を説き示された入魂の書。

法華経魂魄①.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 49.1 MB
法華経魂魄②.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 51.3 MB
法華経魂魄③.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 53.9 MB

『佐渡 : 聖史劇脚本』 田中智學大居士作

大正10年に田中智學大居士が書かれた佐渡法難の聖史劇脚本であり、劇的に佐渡法難を知るにはとても良い資料である。

http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/963086/2

『日蓮聖人伝十講』 山川智応博士著

中央大学内において、大正3年より4年の間に講義された内容を大正10年、日蓮聖人降誕700年を記念して刊行されたもの。新潮社より文庫本形式にても発行されている。日蓮聖人を正しく詳しく知るための必読書である。

 

東京新潮社/大正10年発行

http://kindai.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/963293/2

 

『本門本尊論』 山川智應博士著

昭和7年5月より翌年2月に至る1年間、立正大学において日蓮聖人の本尊論に関する講義をされたものを一書としたもので、日蓮聖人の本尊論を学ぶ者にとって必携書である。 巻末には参照文献として『聖祖門下上古の各教団における本尊意識』と『天文以後近世に至る聖祖各教団における本尊意識』の2編を掲載。

本門本尊論-01.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 4.9 MB
本門本尊論-02.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 7.2 MB
本門本尊論-03.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 9.0 MB
本門本尊論-04.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 6.3 MB

『本門本尊唯一精義』 山川智應博士著

「日蓮聖人の宗教の本尊は唯一つ」なることを明らかにした書。序文には「私の信に基づく学と行との結晶である」と博士自ら語られている。

本門本尊唯一精義.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 41.2 MB

『立正安国論総釈』―立正安国論とはどういうものか―           山川智應博士謹述

神奈川県藤沢市にて博士が講演された立正安国論の外形と内容を出版したもので、一般にも理解しやすい様に総振り仮名つきとなっている。巻末には同博士が真蹟を訓読した「広本」も掲載。副題にもあるごとく「立正安国論とはどういうものか」がこの書の本意である。

立正安国論総釈.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 9.9 MB

祖廟中心・異体同心